小説好きだけでは小説家になれない

読書好きが高じて、最近小説を書き始めました。合宿免許の実態

書いてみて気づいたのは読むのと書くのとでは大違いということです。全身脱毛 池袋

人が書いたものを読んでいる時は、こちらもかなりの量を読んできているので、この構成は少し甘いなとか、この結末はおかしいと思うとか、主人公が魅力的じゃないとか、文句を並べていたような気がします。婚活 恋活

しかし、いざ書いてみると、というか、書き出してみると、最初の一行がうまくいかないというのが実感です。リプロスキン

小説は最初の一行で決まるというのはよく聞きます。ネムリス

私もよくそう言っていましたが、軽はずみなことは言えないと思い始めました。コンブチャクレンズ

魅力的で、読者をひきつけるフレーズを生み出すために、小説家はかなりの時間と労力を費やしているんでしょう。

結局、最初の一行目が思いつかないままひと月ほどが過ぎ、まずは構成から立てようということになりました。

その構成もあれこれ考えて、いまだにまとまっていない状態です。

だけど、小説を書こうと思うようになってから読書をすると、色々なパターンが見えてくるようになりました。

小説家になれるかどうかはわかりませんが、これからも小説を読み続けて勉強しようと思っています。

コンテンツメニュー

リンク

Copyright © 2003 www.feel-baby.com All Rights Reserved.